takumiblog

新人エンジニアの技術ブログ

CPUとコンピュータの5大装置について分かりやすく解説してみた

はじめに

今回は、基本情報技術書のCPUとコンピュータの5大装置について学習したのでその内容についてまとめていきたいと思います。

そもそもCPUとは?

中央処理装置のことで、コンピュータの中枢部分にあたります。

人で例えるなら、体に指令を送っている脳と同じ役割をしています!

ですが、CPUは指示を受けない限り何もできないため、プログラム(指示書)が必要となります。

また、プログラムを読み取るにも別の装置が必要なのでその装置について下記で説明していきます!

コンピュータの5大装置

それでは、CPUの装置とそのほかの装置について説明していきます!

CPU内部の装置は「制御装置」、「演算装置」になります。

①制御装置

プログラムの命令を理解し、各装置に指示を送ります。いわば、リーダー的な役割です。

②演算装置

命令に従い、演算を行う。

CPU以外に必要な装置は、「記憶装置」、「入力装置」、「出力装置」です。

③記憶装置

動作に必要な情報を保存する場所になります。

記憶装置は、主に二つの記憶装置に分かれます。

・主記憶装置

一時的に情報を保存できるが、電源を切るとそのデータも消えてしまう。

だが、補助記憶装置より読み書き速度がはやい

(例)メモリ

・補助記憶装置

長期にわたり記憶することができる

だが、主記憶装置より読み書き速度が遅い

(例)ハードディスク

④入力装置

様々なデータをコンピュータに入力する装置

(例)キーボード、マウス

⑤出力装置

印刷したり、表示する装置

(例)ディスプレイ、プリンター

まとめ

・CPUは中央処理装置のことで司令塔のような役割をしている。

・CPU内部に「制御装置」「演算装置」がある

・CPU以外の装置は「記憶装置」「入力装置」「出力装置」がある

以上、CPUとコンピュータの5大装置についてでした。